沖縄の郷土料理といえば沖縄そば

沖縄へ旅行する計画を立てるときに、最も重要といっても過言ではないのが郷土料理を食べることではないでしょうか。
この国の中でも特殊な文化を持つ沖縄。その温暖な気候も手伝って独特な味付けや食材をもとにした料理がたくさんあります。中にはクセのある食べ物もあるので、人によっては苦手と感じるかもしれません。しかしそんな中で沖縄そばは味もあっさりしていて香りもよく、初めて沖縄の料理を食べるという人でも抵抗なく食べられると思います。沖縄そばは別名ソーキソバとも呼ばれ、ソーキは骨付きのあばら肉のことです。そのソーキの煮付けが入ったものがソーキそばと呼ばれています。味は鶏ガラがベースのあっさりとした塩味が多く、かまぼこや小ネギが具材として入っています。そしてその麺は小麦粉にかんすいを加えて作られているそうです。

定番のチャンプルーを美味しくいただくコツ

今や家庭料理としても定番となるほど有名になったゴーヤーチャンプルーですが、沖縄旅行へ行った際にはやはり本場の味を体験しておきたいものです。ゴーヤーチャンプルーはその苦みが苦手で敬遠する人もいますが、その苦味こそがうま味だとして好む人も多くいます。また、苦みをある程度抑えてつくられたものもあるようで、沖縄でもその土地やお店によって味も様々です。元々チャンプルーという言葉は沖縄の方言で「ごちゃ混ぜ」という意味があります。そのためゴーヤー以外にも麩を利用したり素麺を入れて作るものもあるようです。ゴーヤーがどうしても苦手だという方は、それ以外の具材で作られたチャンプルーを試してみるのもいいかもしれません。せっかく沖縄へ旅行するならば、定番のチャンプルーを本場の味で堪能したいものです。